ダイエット食品コラム

ダイエット食品は安全なの?食べられない人もいる?

人気があるダイエット食品ですと億単位の売り上げで、さらに世界各国に販売されているような商品もあります。それだけ商品が売れているわけですから、安全性には問題がないかも。。。と考えてしまいますが、安全性とはどんなことを示すのでしょうか。


内容成分の安全性


ダイエット食品の成分内容は同じものはありません。似ているようで入っている成分の種類が量が微妙に違ったりします。ですから、体質によって合わない人もいるかもしれません。


また添加物が多くふくまれていては、結局体に余分なものを与えてしまう結果になってしまいます。


使用方法を守る


商品には使用方法が必ず書いてあります。ダイエット食品の使用方法は全て同じ。。。とは限りません。例えば置き換えダイエットとして使用する場合、1食置き換えるのか、2食置き換えるのかでダイエットのスピードも変わってきます。また、全ての食事を置き換えてしまうのではなく、一部の食事例えば白米の代わりにダイエット食品を使い3食置き換えが可能である商品などいろいろあります。


考えなくてはいけないのが、いくら栄養面がいいダイエット食品だからといっても、早くダイエットを終わらせたいからといっても、3食ともまるまるダイエット食品に頼ってしまうのはどうなんでしょう。後々健康面が心配になりそうですよね。


やりすぎは何事も体によくないです。ですから、ころあいをみながらダイエット食品と上手く付き合っていかなくてはなりません。


自分には合わないこともある


体質には個人差があります。ですから多くの人は大丈夫だってけど、自分には合わない場合もあります。


ダイエット食品の安全性は、結局のところクチコミや売れ行きに頼らず、自分で見極めることも必要です。また使用方法は必ず守り、自己流ダイエットは危険なのでやめましょう。


ダイエット食品を食べられない人、または気をつける人


ダイエット食品を使用するときに、「この商品を使用できない人。。。」とちゃんと明記されている商品もあればしてない商品もあります。


使用できない人、または気をつけた方がいいという人で多かったのが
・アレルギーがある人
・薬を服用している人
・病気の人
・妊娠中や授乳している人
になります。


やはりダイエット食品にはいろんな成分が含まれています。大豆の成分、そして牛乳を使うこともありますし、いろんな食材が混ざったものもありますから、よく成分表をみて大丈夫なのか確かめることが必要です。


また薬を服用している人や病気、妊娠中、授乳中の人は普段の体調と違うことから医師へ相談が必要になるようです。


また子供の使用については、ダイエット目的ではなく健康補助食品としてなら大丈夫だという商品もあります。


簡単に使用できるダイエット食品ですが、思わぬところで体調が悪くなってはダイエットどころじゃなくなってしまいますから、メーカーに問い合わせるか医師に相談してダイエットを進めましょう。



>>【最新版】ダイエット食品 人気ランキングはこちら