ダイエット食品コラム

置き換えダイエットの利点と気をつけること

置き換えダイエットのいい点は、やはり食べながら痩せられるということではないでしょうか?


ダイエットが嫌になる原因の一つに、食べられないというストレスがあげられます。今まで食べてきたものを食べられなくなるほど、食べたいという欲求は強くなることでしょう。一生食べられなくなるわけではないのに、無性に食べたくなってしまうのがダイエットではないでしょうか。


しかし、置き換えダイエットは、朝昼晩の3回の食事のうち、1食もしくは2食分をダイエット食品にかえますから、全く食べれないダイエットではありません。


食べながら摂取カロリーを抑えていくダイエットになりますからダイエットストレスが少ないのがいい点になりますね。そして、ほとんどのダイエット食品は低カロリーで栄養面に優れ、ダイエット中の体を中からサポートします。健康的に痩せるられることでしょう。


続かないダイエット食品はダメ!


いつダイエット食品に置き換えるのか、自分好みで調節できるのもいい点です。置き換えダイエットで気をつけることは、やはり、続けないことには結果がでないということです。


ダイエット食品が飽きてくる方もいると思います。ですから、なるべく味のバリエーションが多いもの。もしくは、ダイエット食品を2種類ぐらい組み合わせて、例えば、ドリンクタイプと食事系代用のダイエット食品などと上手く使い分けて飽きないように工夫してみましょう。


無理はかえって逆効果になることも。


食べられるダイエットだと言っても、3食のうち2食をダイエット食品にし、食べられる1食を極度にカロリーの低いものに変えてしまうなど、無理をすれば、体重は急激に減るかもしれませんが、健康・美容にも悪いですし、肉体的にも精神的にも相当なストレスがかかってしまいます。


ちゃんとした食事を摂りたいという欲求など。。。無理な置き換えダイエットになってしまわないように気をつけましょう。


ダイエット後の食事に気を付けないといけません。


ダイエット中はダイエット食品でカロリーが抑えられていたわけですが、ダイエット成功後にすぐにいつものような食事に戻してしまえば、1日の総カロリーは高くなり、さらに消費カロリーが少なければ徐々に体重は元通りになってしまいますね。


ですから置き換えダイエット後の生活を考える必要があるでしょう。


置き換えダイエットはいつやるのがいいか


カロリーと運動量を考えると夜の食事をダイエット食品に置き換えると効果的です。朝昼夜の食事でもっとも摂取カロリーが少ないのが朝ではないでしょうか。寝起きのため、朝からガッツリ食事をとる人は少ないのでは?


ですから、もともと朝の食事はカロリーが低いと思います。少々カロリーが高くても1日の始まりですから活動量も徐々に増えていきますから、カロリーは消費されやすいですね。


お昼、そして夜の食事をしっかりとる人は多いですよね。


お昼の食事をダイエット食品に代えることもいいですが、お昼はもともと活動量が多くカロリー消費につながっています。


しかし、夜はお昼ほど活動量はありません。体を休める時間になりますので、摂取したカロリーが多ければ多いほど消費が間に合わず体に蓄えられることになります。ですから、夜の食事をダイエット食品に代えると効果的だと言われています。


でも「夜ご飯だけが楽しみで毎日私は一生懸命生きているんだ!」という方もいらっしゃるでしょう(笑)そこで、毎日の夕食をダイエット食品で置き換えるのではなく、自分の生活スタイルに合わせて無理なく置き換えを決めることもいいでしょう。


夜は友達と外食だから、お昼にダイエット食品。
昨日の夜は飲み会だったから、朝ダイエット食品、昼は食事、夜はダイエット食品。
今日のお昼は食べ放題でガッツリだから、朝ダイエット食品、夜はダイエット食品など


摂取カロリーを考えて、1日の組み合わせ、そして、翌日の組み合わせを工夫することもできます。このように、あなたの食生活に合わせて臨機応変に無理なくダイエットをしていけるのも置き換えダイエットの良いところと言えるのかもしれません。



>>【最新版】ダイエット食品 人気ランキングはこちら